大聖寺十万石
​加賀市の逆襲

世界に通用する人財を育成し、先端技術に適応できる企業が集積するまち

今後10年で指数関数的に成長していくテクノロジーの発達が、劇的な変化を社会にもたらすことが予想されます。そうした変化に適応し、起業をはじめとした様々な挑戦を成し得る人財や企業が育ち、 集積するまちを目指します。
また、人財育成の要として学校教育を重視し、先進的な取組を進めていきます。

2

人々の生活に“ワクワク感”が満ちる未来型生活都市​

​加賀市の若者たちが集い共感しながらショッピングを楽しめる未来型商業ゾーンを創るとともに、世界から集う人財や加賀市で子どもを育てたいという世帯がワクワク感をもって生活ができるような未来型の居住空間をデジタルツイン等の先端テクノロジーも活用しながら創造します。

3

自然・歴史・文化とテクノロジーが織りなす温泉共創地

北陸新幹線加賀温泉駅開業を見据えながら、加賀市が誇る自然・歴史・文化資源に磨きをかけつつ、最先端のテクノロジーを活用して集客や滞在の長期化、消費の拡大等につなげるスマート・ツーリズムの先進地を目指します。​

4

先端技術を活用して全世代に元気と福祉をとどけるまち

人生100歳時代において、先端テクノロジーを活用しながら市民の一生涯を医療・福祉面でサポートし、市民が安心して暮らせるまちを目指します。また、それらの先進的で満足度の高いサービスやライフスタイルを、積極的に内外に発信していきます。

森の木